期待していたDJキットがガタガタになってる

カランコロン鳴る

株式投資に取り掛かるには口座を開らかなければ

読了までの目安時間:約 2分

株式投資に取り掛かるには口座を開らかなければなりません。初心者に推奨するのがネットの株取引企業です。
ネット証券は様々な手数料が安くセーブされているので、利潤を上げやすいといえます。ネット証券によって、サービスにも違いがあるため、照合してから口座を開きましょう。
株に投資をしたならば、所得税の譲渡所得や配当所得などを考えた上で、確定申告をする決まりになっています。
ただ、特定口座を利用していたら、こういう税務に関する計算は金融機関が計算してくれますし、時には確定申告もいりません。
このため、株を始めたばかりの方にとって最もお勧めです。自分は最近、株を始めたばかりの未熟者です。株を取得し、ある程度得したら、いち早く売るべきなのか、もしくは、長期的に持っていた方が収益につながるのか判断できなくて、今なお悩んでいます。
長く保有していると、優待によるメリットもありますから、悩むところです。株式投資をする人の大半は買っている株をどういうタイミングで売り抜けるかということにためらうかもしれません。
でも、天井付近で株式を売り抜けることというのは相当難しいので、「頭と尻尾はくれてやれ」ぐらいの意気込みで売り抜けることができたらいいでしょう。
株には詳しくない者が初歩的な知識を学ぶためにしなければならないと思われることは、とりあえずは、株式投資関連の本の中で、支持を受けている本を5冊以上読まなければならないと思われます。株式投資についての本を五冊くらい読めば、読破した本の中の共通する部分は大切なことだということが判明するからです。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報