期待していたDJキットがガタガタになってる

カランコロン鳴る

そのため母乳またはミルクは赤ちゃんが

読了までの目安時間:約 2分

そのため、母乳またはミルクは赤ちゃんが求める量だけ与えてあげるようにする必要があります。
「離乳食中期」と呼ばれる頃になると摂取可能な食材も増してきます。魚で見てみるとツナのほか鮭やかつおのような赤身の魚、肉は鶏胸肉のほか鶏レバーや鶏もも肉、プレーンヨーグルト及び塩分の少ないカッテージチーズなどの乳製品に分類されるものも取り入れることができるようになります。
炭水化物が主な栄養素の主食、ミネラル類の副菜、主菜の主な栄養素であるたんぱく質もしくは脂質、3種類を一度に食べさせてあげてください。当然必要な栄養素の残りの3分の2は母乳かミルクから摂取します。離乳食を始めた頃に食べる離乳食はお粥もしくはパン粥などの主食と共にミネラル類である野菜もしくは豆腐、魚、肉などのたんぱく質を豊富に含む食品の組み合わせでした。
加えて卵もあげることが可能な時期になると言えますが、卵については食物アレルギーの心配の高い食材なのであげるときにはしっかりと注意が必要となります。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報