期待していたDJキットがガタガタになってる

カランコロン鳴る

眼精疲労のケアは年中しないとダメ

読了までの目安時間:約 2分

こうすることにより、結論的に毛様体筋をストレッチさせていることになり、眼精疲労を阻止していることになります。古来より、「目が疲れたら遠くを眺め見るとよい」と考えられてきました。こうしたことには、硬くなった毛様体筋を伸ばし、目の疲れを消すという考えがあったんです。涙の分泌量は普通、目が疲弊したり、圧力を受けたり、コンタクトを使用することで減少してしまうといわれています。

パソコンによる作業などでモニターをじっと見つめていると眼筋が疲労し、まばたきが減り、基礎的な涙の分泌が増えなくなり、目に含まれる水分も消えてしまいます。そこで、日々のセルフケアが必要になります。眼精疲労の症状をなくすケアはどうか毎日忘れず続けてください。あなたの大事な目を眼精疲労の症状から守り、目を健康に保つ最も適した方法なのです。

ケアを毎日することが眼精疲労を治すために必要なのです。

今の状態の仕事を継続させているかぎり、眼精疲労は治りません。
眼精疲労への治療を試していても、365日、目に負担をかける仕事をやり続けなければいけないのが通常でしょう。

そうなると眼精疲労への治療の効果も十分な結果が得られないことも可能性があります。
目を回す動かす体操も眼精疲労を防ぐ影響があります。

眼球を上、下、左、右にぐるぐるさせる体操です。この体操の動きで、眼球にいつもとは異なる動きを与え、眼筋を伸ばします。今を生きる我々は眼球を積極的に動かす機会が少なくなっているため、眼筋をほぐすストレッチ効果が期待できます。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

*

トラックバックURL: 
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報