期待していたDJキットがガタガタになってる

カランコロン鳴る

眼精疲労はさまざまな理由で引き起こされる

読了までの目安時間:約 2分

仕事をすれば、その日の目の疲労が眼精疲労の状態を悪化させます。
疲労がどんどん重なっていくわけですから、そう安易に回復できないことは察知できるはずです。
疲れ目のままであれば、1~2日ゆっくり眠ると解消され明日まで疲れが持ち越されません。眼精疲労の症状には、たとえば目がしぱしぱしたり、日が暮れると視界がかすみ、近距離や遠距離に焦点を合わせにくくなったりします。
そのほか目の充血、目の奥の痛み、まぶたが開きにくくなるといった状況になります。眼球のほかにも危険な症状に発展してしまうこともあります。
眼鏡を使っている場合でも、度が間違ったままにすると眼精疲労になることがあります。その原因には、眼鏡の店で眼鏡をつくると過矯正の状態になったり、いらない乱視矯正をしてしまうことにあります。過矯正は遠いところを眺めるときはどうにか見えても、近くを見るのは難しくなります。

現在、ドライアイは眼精疲労を引き起こす原因として関心を向けられています。

長い時間コンタクトを使用したことによる長引く酸素不足、間違ったケア、涙の量が減ってしまうなどの状態が続くと、眼精疲労の原因に眼精疲労と変わってしまうのです。年齢が若い人、特に女性は眼鏡をかけたがらない傾向があります。

視力があまりなくても、眼鏡を利用しません。そういった生活を続けると目に負荷がかかり、眼精疲労と診断されることになります。眼鏡を使うのが嫌でも、健康になるためには眼鏡は大切なのです。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

*

トラックバックURL: 
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報