期待していたDJキットがガタガタになってる

カランコロン鳴る

FX投資の魅力の一つにレバレッジが挙げられます。

読了までの目安時間:約 3分

FX投資の魅力の一つに、レバレッジが挙げられます。
このレバレッジというのを文字どおり訳すと「てこ」という意味で、FX業者に取引保証金(証拠金)を預け入れると、その金額以上の売買が、できることを指します。レバレッジをどのくらいかけられるかはFX業者によって異なりますが、規制前と比較するとわかりますが、その倍率は低下しています。FXが気になる原因の1つである投資が少量の金額でも可能な理由は、レバレッジを使うことができるからです。FXは、FX業者に証拠となるお金を入金することによって、渡したお金の何十倍のお金の取引をすることができます。簡単に言うと、少量の金額で大きなプラスを手にするチャンスがあるというわけです。これが有名なレバレッジの効能です。FXはレートが上昇すれば利益になり、一方、レートが下がれば損失です。
なので、単純に考えるとFXでの勝率はすなわち50パーセントといえます。しかし、実際に勝てる確率はどうかというと、5~10パーセント程度というところでしょう。勝てる確率が低いのは、レートが変動しない状況もありえるからです。FXの場合はどの通貨ペアを選択するかがポイントになりますが、初心者だと全く理解ができないでしょう。
理解するためにはある程度の時間がいるため、全く分からない状態で取引を始めてしまうと失敗する事例が多いです。
一方、日経225の場合は投資の対象が、日経平均株価であるため、個別の銘柄を選定せずに済ますことができるため、投資が行いやすいといえます。FXには専門用語が、いくつかありますので、FXを初めてする方はよく使われる専門用語を記憶しなければなりません。FXにおけるポジションもFXで投資を行う場合に専門用語の一つとして、頻繁に使われます。
ポジションというのは、直訳では「位置」ですけれども、FXにおいては「持ち高」のことを意味します。持ち高という用語の意味は、その人が通貨を持っている状態のことをいいます。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報