期待していたDJキットがガタガタになってる

カランコロン鳴る

WBC 国内vsオランダ

読了までの目安時間:約 2分

WBC2後ラウンドが始まった。
日本の初戦はオランダ。
和風エキスパート野球も活躍しているバレンティンやバンデンハークを擁するオランダ。
2回に秋山の犠牲フライドポテトで1箇条を先導した日本であったが、その裏手先発石川がオランダにHRを浴び、ぱっぱと同点に追いつかれる。
そうすると3回、2圏外1・2塁で5番中田の3ランHRという秋山のタイムリーで4箇条差異とする。
但しその裏手バレンティンのHRなどでまたもや同点とされる拡散。随分一進一退の攻防ってやら。
5回前面に和風が1箇条をとると引き続き9回裏手へ攻撃した。
9回にピッチャーが則図書となったが、ピッチャーがどなたであれ拡散チックに同点に追いつかれそうな予覚がした。その乏しい予覚は成功し、同点となった。
ただし、依然として同点。勝ち越し(決別)を許したわけではないので機は生じる。というか拡散チックに09時代WBCの決勝という感触を感じたので稼げるかなと思った。
そうしたら今日の主役はむしろ中田だった。タイブレークとなった11回に中田の2箇条タイムリーで勝ち越すって、最後は牧田が締めてゲームセット。
和風は勢力と共に1勝を手にした。
もっと次月は4月額、新年度ですね。うちは仕事上3月額から新年度応対なのでもはや新しい気分になっていますが、4月額は自己は関係なくても入学バージョンや採用バージョンがあるので、またビジョンを新たにすることができます。
なので近頃、4月額から何か真新しいことをしたいなと考えています。身は何事もそれほど途切れるので、調べるまでが一大のですよね。とにかく、今度サイクリングに良いところを見つけたので、晴れた日光にママチャリではない自転車で走ってみたいです。これが気に入ったら毎回のホビーにできるかな。それでも標的がないと必ず積み重ねるのはほんまかもしれません。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報