期待していたDJキットがガタガタになってる

カランコロン鳴る

私が居ぬ間に男子ってこどもは…

読了までの目安時間:約 2分

男に乳幼児を任せて、近隣という昼食をめぐってきました。常々子供の世話をほとんど止める男が乳幼児とのタイミングをどうして明かすのか考えると、幾分不安ではありました。けれども、行ってきていいよと言ってくれたのでおことわざに甘えることにしました。
近隣とのタイミングを楽しんで夕刻に帰宅してから、男に何をしていたのか聞いてみました。ともかく、乳幼児と共に洗車をしたそうです。これからきれいにしないというね、と言っていたスポットだったので、ちょうど良い都合でした。
後日洗車を手伝ってくれたご褒美に、乳幼児を近くのカフェに連れていってパフェを食べさせたとのこと。これは乳幼児もさぞ喜んだだろうと思いました。
わたしが予想したよりも苦もなく乳幼児とのタイミングを楽しめた容姿でほっとしました。また今度、頼んでみようかな。
パンダが大好きな長男。ぜひとも本物を見せてあげたいという勇んで上野生物園をめぐってきました。
最初すぐ近くにパンダの尖端があり、大人気の生物だけあって混んでいました!おとうさんに肩車してもらってパンダを見つけ、パンダ君パンダ君!と大はしゃぎ。無事に見られてよかった、と安全しました。
その後は色んな生物を見て回ったものの、途中から飽きてしまって、走り回ってどっかへ行ってしまう長男。本人にとっては生物園も公園と同じようです。
金字塔興奮したのは、生物園内を走り回るモノレールに乗れた一瞬。金字塔前に乗れて、乗員君興奮を味わえました。むしろ、生物よりも足が好きなのかな?と思ったワンデイでした。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報