期待していたDJキットがガタガタになってる

カランコロン鳴る

気温が下がるとどうしてもストーブやヒーターに頼りが

読了までの目安時間:約 2分

気温が下がるとどうしてもストーブやヒーターに頼りがちですが、暖房器具の使用によって室内の温度が上がると湿度が低くなってしまって、肌の乾燥へとつながってしまいます。
それから食事の栄養バランスも大切です。
寒くなってくると同時に空気が乾燥して湿度が下がるので、顔が乾燥によりカサカサして、肌が荒れて悩んでいるという方も多いことでしょう。
この現象のわけは気温が下がるとともに空気中に含有される水分が減り、肌に含有される水分量も減るためです。
格段乾燥を防ぐのに効果的だと言われているのは、ビタミンA、ビタミンB、C、そしてEセラミドなどです。
まず始めにビタミンAはレバー、それにイワシ、サバというような青魚に多量に含有されます。
では一体どのようなことを行えば肌を乾燥から守ることが可能なのでしょうか。まずは正しい肌ケアをしましょう。
例えば、顔を洗う際には約30度くらいのぬるいお湯を使ってください。
シャワーから出てくるお湯を直にかけるのはNGです。それから、過剰に洗うのは重要な皮脂まで落としてしまう恐れがあるので、注意するようにしましょう。
そして、洗顔後はタオルでやんわりと拭くようにしましょう。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報