期待していたDJキットがガタガタになってる

カランコロン鳴る

ハロウィンも決して良い

読了までの目安時間:約 2分

本日、冬物を買いにモールへ行きました。モールの内側はこの時期ですからハロウィン作りになっていました。
思えばハロウィンもここ数年で甚だメジャーになりました。30時代周辺前は一部のホラー追っかけの間で流行っていた薄気味悪い物体という情景が強かったような気がします(あくまでも個人的な印象です)。
子ども達が魔女だの妖精ですのに仮装して父母らってムービーを撮っていました。また、登場した着ぐるみに喜び群がる子ども達のカタチも見ました。それは、極めて明るいそうで隅っこから見ていても相当微笑ましい物体でした。こういう眺めが見られるのなら、ハロウィンも必ずしも悪いものではないなと思ったのでした。
ハロウィン!楽しみですね!
日々催し直感が半端なく大きな機会となっているハロウィンだ。
ここ2,3年齢はバレンタインよりも商業類に大きなものになっている。
大人がハロウィンを楽しんでいいものか!?
ということが話題に上ったこともありましが、取り敢えず嬉しいものは嬉しいだ。
何か催しをもちまして盛り上がれるのが大人のいいところです。
も、どうしても盛り上がりすぎてイベントになっても大変です。
ほど思い切りたのしんでいいキャリアになるようなハロウィンにしたいものです。
今年は全体カモフラージュが流行っているとか。
五輪でますます有名になったマリオになってみるのもいいですね!

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報