期待していたDJキットがガタガタになってる

カランコロン鳴る

ここで1つ気をつけなければいけない部分はSPF1

読了までの目安時間:約 2分

ここで1つ気をつけなければいけない部分は、SPF15というのは15分後、SPF30の場合は30分後とという意味ではありません。
SPF15については20分後から日焼けを始める人であれば、開始時間を15倍伸ばすことができるという意味になります。
また+も多いものを選んでいるという人もいることでしょう。人の肌は屋外に出たその瞬間から日焼けが開始するわけではありません。
個人によって差はありますが、だいたい15~20分後から日焼けが始まってしまいます。
しかし、これら二つがそれぞれがどういう意味を持つかをしっかり言える人は、それほど多くないのではないかと思います。
数字はより大きいほど効果が期待できそうだから、いつも大きな数字の物を使用しているという人もいるのではないでしょうか。それはそうと、日焼け止めのパッケージにはSPF15もしくはSPF30という風に数字とPA+またはPA++という具合に+の数で表現されているものの二種類が表示されていることは分かっている方も多いことでしょう。
仮に長時間屋外でスポーツをする、マリンスポーツを行うときは30以上の日焼け止めを使うようにしましょう。SPF50以上あるものも販売されていますが、このような商品を本当に使用すべきなのは、1日の間ずっと屋外にいるときだけです。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報