期待していたDJキットがガタガタになってる

カランコロン鳴る

ノアをおとくに買うための方法とは

noah-ush
ノアの購入を検討されている人も多いと思います。ただ、ノアはミニバンなので車の中では高いほう。ではどうすればいいのかを解説いたします。

一番重要となるのがノアの値引きです。
トヨタノアの値引き交渉
↑のサイトでもある通り、ノアはもともとの値段が高いですが、値引きすることによって30万円程度コストカットができます。そうすれば、「ハイブリッドは厳しいな」と思っていた人でも、予算が足りるようになる可能性があります。

具体的な方法としては、ヴォクシーをいかに攻略するかにかかっています。ヴォクシーの値引きができれば、ノアはそれに対抗して値引きをしかけてくるので、手っ取り早く値下げすることができるのです。

そのためには、まずヴォクシーの見積もりをとり、しっかり商談する必要があります。こちらは何も材料なく交渉することになるのであまり大きな値下げはできませんが、それで構いません。たとえば、15万円~20万円程度値引ければ合格です。あとは、その結果を持ってノアのほうに行き、「ヴォクシーはこれだけやってくれた、ノアはどうなんだ」とすればいいだけなのです。

もしそこでノアがうまくコストダウンできなくても焦る必要はありません。ノアを売っている販売店はそこらじゅうにあるので、別のディーラーに移って値引き交渉すればいいだけなのです。

あとは、セレナなどの交渉を進めておくのもいいでしょう。人気的にはノアほどではありませんが、車格が似ているのでむしろセレナのほうが安くなって買いたくなってしまうかもしれませんね。

あとは下取り価格です。下取りは基本的に買い取りの相場価格より安いのが常なので、そのままディーラーに売ってしまうと値引きが無意味になってしまいます。中古車ショップに持っていくなり、一括査定に出すなりしてできるだけ持っている車の売却額も上げていく必要があるでしょう。

こういったテクニックを活用すれば、おそらく50万円程度はコストカットできます。値引きはしない、下取りには出すなんてことをやっていると50万円くらい損するということなので、必ず実践してくださいね。